理念・基本方針・目標 乳幼児期の遊びと学び やさしくたくましい心を育てるために つよい体を育むために 考える力を育むために 食育 病後時保育(体調不良型)

つよい体を育むために

1.全身を使って自由に遊ぶ

おひさまひろば・あおぞらひろば・どろんこひろば・ひいらぎホールで思いっきり遊びます。
お寺の芝生、近くの公園、神社にもお散歩に出かけます。
また、毎日運動あそびの時間、特に外遊びの時間を設けています。

31.jpg 32.jpg 33.jpg

7月と8月は、毎日プール遊びをします。

34.jpg 35.jpg 36.jpg

2.自然の中で季節の移り変わりを感じながら、のびのび遊ぶ

お天気のよい日は、園バスで、太陽ヶ丘・植物公園・大吉山・木津川運動公園・鴻ノ巣山運動公園などに出かけます。年長さんは、6月に琵琶湖へ遊びに行きます。自然にふれて、子どもも保育者も、その大きさ、美しさ、不思議さに心を動かされ、自然を利用して大胆な遊びを展開していきます。

37.jpg 38.jpg 39.jpg