理念・基本方針・目標 乳幼児期の遊びと学び やさしくたくましい心を育てるために つよい体を育むために 考える力を育むために 食育 病後時保育(体調不良型)

理念・教育方針・目標

理念

心に華を咲かせよう

「心に華を咲かせよう」を合言葉に、子ども、保育者、家庭、地域、職員、そして全ての人々の幸せを願って事業を推進し、子どものよりよい成長と地域福祉の推進を目指します。

教育及び保育の基本方針

子どもの最善の利益を考慮し、保護者と共に子どもの健全な心身の発達を図りつつ、生涯にわたる人格形成の基礎を培う。

教育及び保育の目標

心やさしく たくましく

  1. やさしくたくましい心

    自分も人も大切にする子に

    興味を持ったことに没頭できる子に

    自分でできることは自分でする子に

    友達と関わりながら一緒に喜び、一緒に悲しめる子に

    失敗した時に「じゃあこうしたらいいかな?」と気持ちを切り替えられる子に

    rinen1.jpg

     

  2. つよい体

    夢中になって遊ぶ子に

    運動を楽しむ子に

    楽しく食べる子に

    rinen2.jpg

     

  3. 考える力

    よく考え、自ら判断して行動できる子に

    自分の思いや考えを進んで表現し、相手の考えを聞こうとする子に

    安全かどうかを考えて自分で行動できる子に

社会的責任を果たすために

  1. 子どもの人権に十分配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して、保育を 行います。
  2. 地域社会との交流や連携を図り、保護者や地域社会に、本園が行う保育の内容を適切に説明するよう努力します。
  3. お預かりした個人情報を適切に取り扱うとともに、苦情などに対し、誠意を持って解決を図るよう努力します。