理念・基本方針・目標 乳幼児期の遊びと学び やさしくたくましい心を育てるために つよい体を育むために 考える力を育むために 食育 病後時保育(体調不良型)

園長メッセージ

子どもの「やってみたい!」と「体験」を大切にしています。

本園では、「心やさしく たくましく」を保育目標に子どもの「やってみたい!」という気持ちと「体験」を大切にしています。

子どもは、自分が「やりたい」と思って取り組んだことに対しては、時間を忘れて没頭します。
五感を精一杯に働かせ、自分に必要なものを探し、集め、作ったり、考えたり、試したり、工夫したりしながら、遊びを発展させていきます。
この主体的な遊びの体験が、子どもの言葉や表現力、知的好奇心、想像力と創造力、そして探究心を育みます。
さらには、友達との関わりを深め、刺激しあって粘り強く取り組み、一緒に達成感を味わうようになります。
私たちは、保護者の皆様と一緒に、子どもの力を信じ、子どもが自ら学び育つ姿を見守り、応援したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


ひいらぎこども園 園長 中田純子

IMG_4633-s.jpg

中田 純子プロフィール

学歴
昭和55年3月 京都教育大学教育学部美術科卒業
免許
小学校教諭一種普通免許
中学校教諭一種普通免許(美術)
高等学校教諭二種普通免許(工芸)
幼稚園教諭二種普通免許    以上昭和55年3月取得
保育士資格
平成19年3月取得
職歴
昭和55年4月~平成15年3月 京都市立小学校教諭
(平成13年4月~15年3月 京都市作文教育研究会研究部長)
平成15年4月~平成17年3月 ひいらぎ保育園 副園長
平成17年4月~ひいらぎ保育園 園長
現  在 ひいらぎこども園 園長
日本保育学会会員
京都府保育協会 理事(研修部長)
京都こども美術展 実行委員・審査員
執筆
保育のこれからを考える 「保育・教育課程論」 編著:大橋喜美子
保育出版社
理論と子どもの心を結ぶ 「保育の心理学」 編著:大橋喜美子
保育出版社
その他の活動
平成21年8月 京滋短大フォーラム
提案「保育士の仕事と短大生の可能性」
平成22年1月 京都府保育協会・民間保育園連盟共催
パネルディスカッション「小学校との接続」企画運営
平成22年3月 日本保育協会発行「保育界」投稿
『育もう、跳び越える力』
平成22年5月 全国保育学会  自主シンポジウム
神戸女子大学教授大橋喜美子先生企画の「子どもの育ちを中心にすえた,新たな保育パラダイムの構築」に話題提供者として参加